シースリーの注目ポイント

全身脱毛ならシースリーが定額で安心

シースリーは契約の期限なく、全身脱毛53ヶ所が毎月通いやすい定額で出来る事です。

回数制限がないので他社だと回数制限あったり、費用が高くなるところが非常に安く

普通の脱毛サロンだと、最初は安く感じても必ずどこかで追加料金が発生します。しかし、シースリーは回数がかかりがちな各部位の脱毛を何回でも脱毛できる通い放題のコースがあるのです。

何回通う必要があるか気がかかりな脱毛サロンがはじめての方にもおすすめ。追加の料金は発生せずに、通えるので安心です。

脱毛することは生え変わる毛のサイクルがあるので、両脇の脱毛だけでなく一度の脱毛ではムダ毛が無くなることはありません。エステでは、通常10回近く通わないといけません。




おでこから足の先まで全身脱毛可能

両ワキやVラインは、最もひと目に触れやすくデリケートな箇所なので、そのような時こそ安全で綺麗に仕上がるサロンで

普通の脱毛サロンでは全身脱毛でも脱毛部位は30ヶ所程度が多いです。シースリーの場合は、全53ヶ所も行ってくれます。

詳しくはこちら


シースリーは最強級脱毛機を使用

シースリーでは全店舗で純国産の最高級脱毛器を使っています。国産なので、日本人女性の特性にあわせて設計されているので、早く脱毛できます。

詳しくはこちら


引っ越ししてもサロン移動は可能

進学、就職、転職、旦那様の転勤など、お引越しをされることもあるでしょう。そんなとき、そのとき通っているサロンが、その地域にしかなければ、また引っ越し先で新しいサロンを探さなければいけなくなります。

その点、ミュゼプラチナムなら、ほぼすべての県に店舗をかまえていますし、面倒な手続きや手数料は一切なくサロンを移動できるので、そこも安心して申し込める理由です




脱毛について

近頃はVIOライン(デリケートゾーン)の脱毛に抵抗がない人が増え、脱毛サロンも大忙しです。代謝が活発なデリケートゾーンを脱毛すれば、清潔になるのはもちろんのこと、肌を覆う部分が少ないデザイン性の高い下着や水着類を躊躇なく着ることができます。人任せに出来ないと自分で脱毛することが多いですが、自己処理と仕上がりに大きな差が出る部分ですし、脱毛サロンに任せる方が良いでしょう。恥ずかしさを感じることがあっても女性スタッフですから、利用者が気まずくなるようなことは、まずないと思っていいでしょう。

脱毛サロンの店員でも社員とは限らないという話を聞くと、不安に思って質問サイトに書き込みしている人もいます。答えは「YES」で、脱毛サロンも店によってはそういったスタッフでシフト対応しています。時間の限られたバイトとして脱毛サロンに雇用されている実務経験者もいれば、正規雇用で研修を積んだスタッフのみに施術させているサロンもあるようです。でもバイトやパートを雇っているからといって単純に低レベルなサービスを提供しているというわけではないです。

脱毛でもリーズナブルな価格だけにこだわり、脱毛サロンで激安な理由を疑いもしない人がいます。しかし、脱毛サロンで破格の安値を謳うところは安全を犠牲にしている場合もあるので要注意です。低価格な分、普通の回数ではぜんぜん効果が出ないとか、肌を傷める結果になってはお金も損ですが、かけた時間と肌は戻って来ないでしょう。いったん肌を傷めてしまうと治すのに一苦労ですし、破格ともとれる安値で施術できる脱毛サロンはかなり用心して情報集めしたほうがいいです。

学割というのは学生ならではの特権ですが、最近では学割を設けている脱毛サロンなどもあることは意外と知られていないようです。学生の頃は社会人よりは時間に融通がききますから、そのあいだに脱毛しておくというのは理に適っています。ただ、学割といえどもそこそこの金額をまとめて用意するのが大変だという人もいると思います。一括払いの脱毛サロンではなく都度払いのところなら選択するというのも良いでしょう。

ミュゼには予約時間は厳守というルールがあります。当初は2部位の予定で予約を抑えておいても、たった数分遅れただけで部位を減らされるのはよくあることです。ミュゼの施術は手際がよく短時間で済むのですから、多少の遅刻くらい許してくれてもよさそうなものですけど、脱毛サロンとしては有名で利用者も少なくないですから、遅刻に対応しているとサービスの質が低下するからなのでしょうか。遠かったり時間を守れない人は他を当たったほうが良いかもしれないですね。

肌の感受性は人それぞれですし、自分に合った脱毛サロンを探すことが大事です。脱毛といってもゆったりと優雅な休息の時間を求める人の場合は、エステ系のように少々値の張るところの方が良いでしょう。価格重視で安価に脱毛する場合は、毎月定額を払えば良い脱毛サロンやバリューキャンペーンを実施している店なども良いでしょう。それに、実際に通いやすいことも大事な要件ですし、通勤通学のルート上や家の最寄り駅など、簡単に寄れる場所にあるほうが楽です。

シースリーの詳細はタップして確認

シースリー公式へ

ページの先頭へ