シースリーが人気な5つの理由

シースリーは定額で全身脱毛可能

シースリーが契約の期限なく、全身脱毛が費用を限りなく抑えた定額料金で出来る事です。

回数制限がないので他社と比較しても非常に安く

他の脱毛サロンでは、最初は安く感じても追加料金が必要になったりもしますが、ところが、シースリーの場合は回数がかかりがちな何回でも通って脱毛できる定額で脱毛できるので安心です。

回数を気にして不安を抱いている初めて脱毛する方にもオススメです。追加の費用はなく、ご安心ください。

脱毛することは毛周期の関係があるので、どの部位でも一度の脱毛ではムダ毛が無くなることはないです。エステでは、通常は12〜18回通わないといけません。




Vライン、おしりまでしっかり脱毛

両ワキやVラインは、手入れもしにくい部位なので、そんな時こそプロフェッショナルなサロンで行うのがおすすめなのです。

普通の脱毛サロンでは同じ全身脱毛でも、脱毛箇所は30ヶ所程度です。シースリーが優れているのは脱毛箇所が53ヶ所行ってくれる事です。

詳しくはこちら


シースリーは最強級脱毛機を使用

シースリーでは全店舗で他社のサロンで使っているものよりも2倍以上値段の高い脱毛機を導入しています。日本人の性質にあわせて設計されているので脱毛効果も非常に良く、

詳しくはこちら


引っ越ししても安心!全国サロン移動が出来ます

進学、就職、転職、旦那様の転勤など、お引越しをされることもあるでしょう。そんなとき、そのとき通っているサロンが、その地域にしかなければ、また引っ越し先で新しいサロンを探さなければいけなくなります。

その点、ミュゼプラチナムなら、ほぼすべての県に店舗をかまえていますし、面倒な手続きや手数料は一切なくサロンを移動できるので、そこも安心して申し込める理由です




脱毛について

脱毛サロン選びに迷っているなら、ムダ毛を脱毛したあとにきちんとケアしてくれるかどうか、ぜひ確認してください。健康な皮膚の人でも脱毛したあとは肌が熱をもつことがしばしばです。保湿剤や消炎ジェルといったケア用品を最初から料金に組み込んでいて、別途購入しなくても良い脱毛サロンも増えています。もちろん安いサロンが悪いというわけではありません。ただ、あとのフォローの行き届いた脱毛サロンのほうが安心して任せられるという利点があります。

比較的、肌への刺激が少ない光脱毛とはいえ、肌質との相性もありますし、脱毛の前にかならずパッチテストを課す脱毛サロンが殆どで、やらない方が珍しいくらいです。施術したばかりでは異常が表れなくても、時間経過や入浴や睡眠などの要因でトラブルが発生するパターンもありますから、実際に施術するより小さなエリアでテストしてみないと、分からないです。脱毛サロンでパッチテストを省くようなところは安全性で疑問が残ります。そんなに日数をかけられないというのであれば、皮フ科医院と提携しているところを利用するのも手です。

脱毛サロンの脱毛は自己処理とどう違うのだろうと思ったら、施術を受けてみるに越したことはありません。お店の特色やコース料金等も説明してくれるはずです。といっても、それは時間に余裕がある場合ですから、もし条件が決まっていて手っ取り早く相性の良いサロンを見つけようと思うなら、項目ごとの評価やユーザーによるクチコミなどが集約されたサイト等をうまく使い、メリット(効果)とデメリット(トラブル等)を知ることが不可欠でしょう。

脱毛ラボでは月額制と一括とで自分に合った支払いを選べます。お値段も手頃な脱毛サロンということから通う人が増えています。ただ月額払いで利用した場合、脱毛が終わってきれいになるまでに時間が必要なことは否めませんから、早く仕上げたいなら一括払いという手もあります。また、ローコストな脱毛サロンなので店の内装や雰囲気に期待するのは禁物です。高級な美容サロンのようなものを夢見ていくと「あれ?」と思うでしょう。

数ある脱毛サロンの中でも、フェイシャルケアを得意とするのがグレースです。お顔のうぶ毛脱毛をしながら美白もできるのは良いですね。ただ、全身脱毛を目指しているならグレース以外の脱毛サロンという選択肢もありでしょう。グレースのフェイシャル脱毛を利用しつつ、手足、わきなどは違う脱毛サロンを併用するケースもあります。脱毛サロンなんてみんな同じなんてことはありません。それぞれの得意分野を利用者が選別することも大事です。

ムダ毛ケアといえば脱毛方法の主流は、レーザー脱毛(脱毛クリニックのみ)と、それより弱い光を使用する光脱毛(脱毛サロン)です。施術時の刺激の少なさや安全面でいうと、やはり光脱毛でしょうが、光脱毛ではレーザーより低い出力の光を使うため、効果を感じるには回数を重ねる必要があります。短期集中で脱毛したければレーザー脱毛が有利かもしれませんが、出力は強いですから、生理周期や紫外線で肌が敏感な時期などには向かない方法だと言えるでしょう。

もしお財布にゆとりがあれば、現金払いで脱毛サロンの代金を支払うと気がらくです。現金ならあとでローンの引き落としの心配も要りません。とはいえ、まとまった金額を先払いしたら、途中で通えない事情ができたときは面倒な解約手続きをしないと返金されないでしょう。おまけに脱毛サロンが潰れたりしようものなら、返金されない可能性もあります。行くごとに支払っていたり、金額の大小によっては現金もありですが、そこそこの金額になるようならカード払いをお薦めします。

シースリーの詳細はタップして確認

シースリー公式へ

ページの先頭へ